2014 2月 : News & Topics


Bsup債権債務システム
2014年4月1日以降に消費税差額を請求する方法

消費税改定により発生する「消費税差額」を追加請求する方法をご紹介をします。

【1.請求先に消費税差額を一括でご請求する場合】

消費税差額_001

■■■■①:対象の商品(またはサービス)での「消費税差額分」を入力します。

■■■■②:合計金額に対して「課税対象額」は0となり、すべて消費税として計上します。

消費税差額_請求書_002

 

【2.消費税差額分を各月に分割して売上計上する場合】

Bsupの特徴の一つに「一括請求金額に対して、各月で分割して売上計上を行なう機能」があります。

 

例):消費税改正前に1年分のサービス契約料金をお客様へ一括で請求しており、
■■■■売上は各月で分割して計上を行なっている。

<請求入力と分割計上>

消費税差額_分割_003

<消費税差額分を請求する場合(消費税のみ分割して計上)>

消費税差額_分割_004

Bsup債権債務システム
消費税改正 会計システム対応版出荷案内

「定期請求管理Bsup債権債務システム」の消費税改正 経理連携税率区分対応版を次の日程で順次出荷いたします。


■出荷開始日:2014年 2月24日から順次

■対応内容
・各会計システムの8%の税区分に対応しております。
(勘定奉行・大蔵大臣・弥生会計)
・税区分、金額変更用の一括コンバートExcelシートをリリース致します。
・定期請求入力の明細行に税率の設定機能を追加致します。

今回対応プログラムと合わせて使用方法を記載した消費税改正運用ハンドブックを出荷致します。

個別債権債務管理オプション
(勘定奉行21・勘定奉行21[個別原価管理編]対応)
カスタマイズユーザ様向け消費税改正版出荷案内

「個別債権債務管理オプション」のカスタマイズユーザ様向けの消費税改正対応版のプログラムを次の日程で順次出荷いたします。


■出荷開始日:2014年 2月17日から順次


■対応内容
・勘定奉行21・勘定奉行21[個別原価管理編]及び個別債権債務管理オプションの
消費税改正対応に伴い、カスタマイズプログラムも対応いたしました。


■対応窓口
消費税対応プログラムと共にセットアップ手順書を出荷いたします。
ご不明な点がございましたら次の担当者までお問い合わせください。

株式会社ディータイド
担当窓口 :國見 (くにみ)
TEL■■■■:03-5623-2664
メールアドレス :kss@d-tide.co.jp


PAGE TOP