販売管理のパッケージシステム「Ally」の導入事例3 全国的かつ国際的に活動する公益法人


販売管理システムAlly 導入事例3

HOME販売管理システムAlly導入事例導入事例3 全国的かつ国際的に活動する公益法人

全国的かつ国際的に活動する公益法人

請求書の発行ができ入金管理が可能なシステムを探していたが、公益法人会計と連動する請求入金管理が可能なシステムは、契約の発生から会計計上まで一体化したシステムがほとんどであり高額なシステムしかなかった。

会計ソフトメーカーから紹介されたAlly債権管理は、公益法人会計仕訳に必要なセグメントがあり、公益法人会計の仕訳項目に合わせることが可能で契約から会計計上まで一連の流れで処理が可能だということをデモンストレーションで確認し、Ally債権管理システムを選んだ。

全国的かつ国際的に活動する公益法人様

業種公益社団法人
事業内容人材育成事業、表彰事業、関係行政機関・諸団体との連携及び交流、国際的な諸事業の実施

システム内容

  • 契約管理は契約ごとに顧客情報、請求サイクル、請求開始日、請求期間、計上タイミング、商品、数量、金額等を管理している定期請求入力で一元管理している。
  • 請求処理は契約データ(定期請求入力)をもとに、お客様への請求月に請求データを一括作成し郵送を行っている。またスポットで発生する契約はExcelに入力し請求データに受入機能にて一括受入している。
  • 入金処理は入金時にインターネットバンキングソフトから全銀協形式の振込入金明細ファイルをダウンロードし、振込入金明細ファイルを受入後、入金消込を自動で行っている。
  • 会計処理は、入金の単位でに会計ソフト用の仕訳ファイルを出力し、PCA公益法人会計DXクラウドで受入れを行うことによって自動仕訳入力を行っている。
Ally債権管理のシステム図

Ally債権管理システム導入後の効果

  • 請求処理にかかる時間が大幅に短縮された。定期請求は契約データ、単発請求はExcelで作成した請求データを受け入れることで一件ずつの入力ではなく、一括作成が可能になり、数日かかっていた作業が半日でできるようになった。
  • 会計ソフトへの二重入力が無くなり、入力作業と入力チェック作業の時間の軽減ができた。

今後のシステム化について

  • 現在リモート接続環境にてテレワークを実現しているが、請求書の印刷が出勤しなければできないので、請求処理をWEB請求化したいと考えている。
販売管理システム「Ally」に戻る

まずは、お電話もしくはフォームより、販売管理システムAllyのお問い合わせ・資料請求をください。
デモのご依頼もお気軽にご相談ください。オンラインデモにも対応しています。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP