債権・債務管理のパッケージシステム「Ally」による定期請求契約


Allyの定期請求契約

定期請求契約

毎月のサービスや役務提供の定期契約で決まった金額の請求書を毎月発行する場合、台帳を元に、前月の請求書を複写し、当月の請求書を作成している場合が多いです。日付や「●●月分」等の摘要の変更作業等作成する手間がかかり、チェック作業の時間も大幅に取られます。

定期請求管理に強いAllyの機能を活用し、定額サービスにおける請求処理を効率化することが可能です。請求タイミング、請求間隔、請求期間、解約などの管理を本システムで行なうことにより、契約に基づく請求書を自動作成します。

特長と効果

特長

  • あらかじめ契約情報を登録しておくことで、毎月発行対象の請求書を自動作成します。
  • 請求間隔(1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月...12ヶ月)、請求有効期間、解約日の設定により請求書の発行タイミングを自由に設定できます。
  • 売上基準の設定により、請求月に対して売上計上のタイミングが設定できます。
  • 得意先の他に入金先やエンドユーザを設定でき販売ルートの管理ができます。
  • 得意先、入金先、エンドユーザ、部門、担当者、プロジェクト、商品等のセグメントで売上集計をすることができます。
  • 複数月の請求間隔(2ヶ月以上)の場合、請求金額に対し各月に売上を按分して登録することができます。
  • 「〇月ご利用分」や「〇月~〇月ご契約分」等の請求書に必要な摘要を自動出力することができます。
  • 請求書送付先を得意先、請求先、送付先(マスタ)、その他自由入力より選択ができます。
  • 契約単位で請求書フォーマットの設定を変えたり、複数の契約を1枚の請求書にまとめて発行することができます。
  • システム利用者が自由に使用できる複数の項目があるので、柔軟な利用方法に対応ができます。
  • 画面毎のファイル添付機能により契約書、提案書等の関連ファイルの管理ができます。
  • 入力画面に登録している文字及びコードは全て検索ができます。
  • 外部データの受入が可能です。

効果

  • 請求書作成・発行時間の短縮
  • 契約情報の一元管理による、次回更新等のアクション、検索時間の短縮、属人化排除が可能
  • 売上計上等の経理業務の短縮

定期請求入力画面

メイン画面-明細情報

定期定期に定額請求する契約内容を登録する画面です。得意先、入金先、エンドユーザ、請求開始日、請求間隔、商品、金額等を登録します。

メイン画面-明細情報

メイン画面-明細情報-情報

定期請求入力の明細にある情報ボタンを押すと表示します。明細毎に担当者、部門、プロジェクトが設定できこれをもとに売上集計することができます。明細毎に入力されている商品コードに紐づいている売上区分、債権区分、前受区分によって会計システムに仕訳連携することができます。

※ 会計システムへの仕訳連携は仕訳連携オプションを導入することによって可能です。

メイン画面-明細情報-情報

メイン画面-明細情報-分割入力

請求間隔が複数月で分割区分が1:するのときに分割入力画面を表示します。複数月分の一括請求金額に対し各月ごとに売上金額を分割して登録することができます。

メイン画面-明細情報-分割入力
債権債務管理システム「Ally」に戻る

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP