定期請求とは|債権債務管理いろは


トップページ債権債務管理いろは定期請求とは

定期請求とは

定期請求とは

請求の種類

請求には、主に次の3種類があります。

  1. 一括請求
  2. 分割請求
  3. 定期請求

一括請求は、売掛金を一括で請求する方法です。通常の請求は、この一括請求のことです。

分割請求は、手付金を支払う契約や、売掛金を一度に払うことが困難な場合に対して行う契約で、売掛金をいくつかに分割して支払う方法です。例えば、1,000万円の機器を購入したときに、4回に分割して、毎月250万円ずつ支払うといった方法です。

定期請求とは、定期的に行われる請求のことです。例えば、機器のメンテナンスを毎月定期的に行った場合です。その場合、基本的に決まった金額を毎月定期的に請求します。

定期的と言っても、毎月とは限りません。半年に1回や1年に1回といった長期的なスパンでの請求であったとしても、定期的に行う請求であれば定期請求に分類されます。

定期請求の例

定期請求には次のような、継続的に役務を提供したときに発生します。

  1. サーバー代
  2. 機器の定期メンテナンス
  3. 住宅やオフィスの家賃
  4. プログラムや施設などの管理費
  5. 定期清掃

ここで、サーバー代の請求は1年に1回、12ヶ月分を一括で行いますので、一括請求と思いますが、毎年同じ金額を定期的に請求しているので、定期請求に分類されます。

定期請求での正しい計上

サーバー代であれば、1年に1回に請求を行い、前受金を受け取ります。それを12ヶ月で按分して計上していきます。

このように、1年分を前受金として受け取ったときに、それをどのように計上するかが問題です。正しく計上するのであれば、役務を提供したときですので、前受金から1カ月毎に売上高として振替をしていきます。

このような前受金の正しい形状を債権管理システムで行いたい場合には、当社の債権管理システムAllyのような按分機能があるものを選ぶ必要があります。

製品・サービス

企業情報


クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:238007354

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP