パッケージシステム導入のメリット|債権債務管理いろは


トップページ債権債務管理いろはパッケージシステム導入のメリット

パッケージシステム導入のメリット

このコラムをご覧になられている皆様は、入金に対する確認や未入金の連絡などの処理をどのように行っていますか?

小さな会社がサービスを開始して、まだ顧客数が少ないときにはExcelなどの表計算ソフトで管理することが多いことでしょう。

しかし、サブスクリプションモデルの普及で、小さな金額を毎月大量に入金処理をするようになってくると、Excelで管理するといった属人的な処理には限界が出てきます。そのようなときは、入金処理を自動化するなどして、効率化を図るときです。

システム導入のタイミングと注意点

システム導入では導入費用がかかります。そのため、システム導入のタイミングは気になるところです。

例えば、入金処理を自動化するタイミングは、やはり入金確認に数名で数日を要するようになってきたときでしょう。その人件費の削減分でシステムの代金が相殺できるぐらいですと、早めにシステム化に取り組まれた方が良いと言えます。

では、入金処理を自動化する方法としては、手っ取り早い方法としては、入金管理システムを導入することです。

入金管理システムの導入での注意点は、貴社で使用している会計ソフトやSFAなどの営業管理システムとの連携です。他システムとの連携ができなければ、そこに人間が介入することになるので、効率化に限界が出てしまいます。

パッケージシステム導入のメリット

Excelでの管理からシステム化を行っての管理に切り替えるときに、システムの導入費を格安に抑えたいことでしょう。そのためのポイントは、パッケージシステムを導入することです。自社の業務のやり方や都合に合わせたシステムは、カスタマイズが必要になります。

当然、カスタマイズは時間と費用がかかります。

ところが、パッケージシステムは、パッケージシステムが持っている機能に合わせて業務を合わせていくことがありますが、パッケージシステムは多くの業務を経験し改善されてきたものなので、独自の業務の流れよりも効率化された流れを導入することができます。場合によっては、パッケージシステムの導入は、社内業務改善コンサルティングを導入することと同等になることがあります。

当社では、債権債務管理システムAllyの導入を中心として、貴社の社内業務改善をアドバイスいたします。

製品・サービス

企業情報


クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:238007354

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP