前受金残高とは|債権債務管理いろは


HOME債権債務管理いろは前受金残高とは

前受金残高とは

前受金残高とは

前受金残高とは、得意先から受け取った前受金の残高のことです。前受金とは、商品や役務を提供する前に受け取った代金のことです。商品や役務を提供し、前受金から売上に振り替えていき、前受金が減っていきます。その残高のことを前受金残高と言います。

保守サービスでの例

例えば、システムの利用者が、システム会社に1年間の定期的なメンテナンスを依頼したと想定します。システム会社は利用者に対して、1年分のメンテナンス費120万円(1か月当たり10万円)を売掛でなく前払いで支払ってもらう契約をしたとします。この場合に、システム会社からすると、この120万円は前受金となります。

保守契約後から最初の1か月間が経過すると、利用者は1か月分のメンテナンス費10万円分を受けたことになります。システム会社では、前受金の中から10万円が売上高に振り替えられ、110万円が残ります。この残った110万円の前受金のことを、前受金残高と言います。

IT導入補助金2021認定 販売管理システムAlly

製品・サービス

企業情報


クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:238007354

まずは、お電話もしくはフォームより、お問い合わせ・資料請求をください。デモのご依頼もお気軽にご相談ください。

03-5623-2664

電話受付時間 平日9:30~ 12:00 13:00~ 17:30
(祝祭日・休業日を除く月~金曜日)


PAGE TOP