ニュース&トピックス : News & Topics


IT導入補助金2021の四次公募

IT導入補助金の三次公募が終了しましたが、引き続き四次公募が始まりました。

四次公募交付申請期間
2021年11月17日(水)17:00まで

販売管理パッケージの導入をご検討の方は当社までご連絡ください。

セミナー情報

ディータイド株式会社では営業事務、経理事務の効率化のためのセミナーを行っております。

誠に恐縮ではありますが当社製品「Ally債権債務管理システム」を紹介しながらの内容になりますが、貴社の業務改善のきっかけにして頂けますと幸いです。

👍 受付中セミナー

◆ 2021/9/16  13:30~14:30「サブスクビジネスの請求入金管理業務の効率化・年間契約等の期間計上の方法」

◆ 2021/9/16  15:00~16:00「公益法人における請求入金管理業務の効率化」

💎 セミナー内容1

「サブスクビジネスの請求入金管理業務の効率化・年間契約等の期間計上の方法」

サブスクビジネスでの効率の良い請求書の発行方法、入金消込の方法、複数月の契約にて期間計上する管理方法を解説します。

こんな企業にお勧めです

🔷毎月定額の請求書のチェックと発行作業が大量にある

🔷入金の入力作業に時間がかかっている

🔷毎月発行した請求書の入金消込に時間がかかっている

🔷期間計上する契約の売上の集計が手作業で属人化しており時間がかかっている

🔷期間計上する契約にて発生する前受金、前受収益の集計や消込も手作業で属人化しており処理に時間がかかっている

主な内容

①契約情報を基点とした請求書の作成方法

②システムを利用した入金業務の自動化の徹底

③請求金額と期間計上

④前受金管理のシステム化

💎 セミナー内容2

「公益法人における請求入金管理業務の効率化」

公益法人での効率の良い請求書の発行方法、入金消込の方法、公益法人会計システムへの連携

こんな企業にお勧めです

🔷会員への請求書のチェックと発行作業が大量にある

🔷入金の入力作業に時間がかかっている

🔷毎月発行した請求書の入金消込に時間がかかっている

🔷請求管理システムと会計システムが連動していなく二重入力で時間がかかっている

主な内容

①契約情報を基点とした請求書の作成方法

②システムを利用した入金業務の自動化の徹底

③請求書の自動作成

④PCA公益法人会計と連携

お申込はこちらからお願い致します

    セミナーコースを選択してください
    サブスクビジネスの請求入金管理業務の効率化・年間契約等の期間計上の方法公益法人における請求入金管理業務の効率化

    IT導入補助金2021の三次公募

    IT導入補助金の二次公募が終了しましたが、引き続き三次公募が始まりました。

    三次公募交付申請期間
    2021年9月30日(木)17:00まで

    販売管理パッケージの導入をご検討の方は当社までご連絡ください。

    IT導入補助金2021認定 販売管理システムAlly

    IT導入補助金2021認定、販売管理システムAlly

    この度、弊社の販売管理システムAllyがIT導入補助金対象のITツールに認定されました。

    Allyの導入に当たり、最大150万円未満(A類型)の補助金が得られます。販売管理システムを導入するチャンスです。

    定期・定額請求業務、プロジェクト収支・利益、入金業務、サービス業特有の売上按分計上、前受前払の管理を効率化したい企業におすすめ。

    • 今まで自社の業務に合うソフトがなく販売管理ソフトを導入したことがない企業
    • ソフトの導入金額を抑えたい

    IT導入補助金概要

    所轄官庁 経済産業省
    補助対象者 中小企業、小規模事業者
    補助金の対象 ソフトウエア費、導入関連費等、本補助金のホームページに公開されているITツール。
    補助率 A・B類型:1/2以内
    C・D類型:2/3以内
    補助額 通常枠:A類型:30万~150万円未満、B類型:150万~450万円以下
    低感染リスクビジネス枠:C類型-1:30万~300万円未満、C類型-2:300万~450万円以下、D類型:30万~150万円以下
    ※ AllyはA類型のITツールです
    締め切り 1次締切:5月14日(金)17:00
    2次締切:7月30日(金)17:00
    3次締切:9月30日(木)17:00
    4次締切:11月17日(木)17:00

    対象ソフト

    • 販売管理システムAlly

    ソフトの導入とIT導入補助金の公布までの流れ

    ソフトの導入とIT導入補助金の公布までの流れ

    1. Allyのデモ・導入ご提案
    2. 交付申請依頼
    3. 交付申請
    4. 交付決定通知
    5. ご契約・代金お支払い
    6. Ally導入・サポート
    7. 完了報告
    8. IT導入補助金確定通知
    9. IT導入補助金交付請求書
    10. IT導入補助金の入金
    11. 効果報告

    ※ 補助金申請→交付決定→購入の順に手続きを行う必要があります。交付決定前の購入は補助対象外となります。

    IT導入補助金A類型の二次公募予定

    受付は終了しました。

    IT導入補助金A類型の一次公募が終了しましたが、引き続き二次公募の予定が決まりました。

    二次公募交付申請期間

    2019年7月17日(水)11:00~2019年8月23日(金)17:00まで(予定)

    詳細が決まりましたらご連絡を差し上げますので、販売管理パッケージの導入をご検討の方は当社までご連絡ください。

    IT導入補助金2019認定、販売管理パッケージシステム「Ally」

    IT導入補助金2019認定、販売管理パッケージソフトAlly

    この度、弊社の販売管理パッケージシステム「Ally」がIT導入補助金対象のITツールに認定されました。

    Allyの導入に当たり、最大150万円未満(A類型)の補助金が得られます。販売管理システムを導入するチャンスです。

    定期・定額請求業務、プロジェクト収支・利益、入金業務、サービス業特有の売上按分計上、前受前払の管理を効率化したい企業におすすめ。

    • 今まで自社の業務に合うソフトがなく販売管理ソフトを導入したことがない企業
    • ソフトの導入金額を抑えたい

    IT導入補助金概要

    所轄官庁 経済産業省
    補助金総額 100億円
    補助対象者 中小企業、小規模事業者
    想定利用者数 10,000社(予想)
    補助金の対象 ソフトウエア費、導入関連費等、本補助金のホームページに公開されているITツール。
    補助率 1/2以下
    補助額 40万円~450万円(A類型:40万円~150万円未満、B類型150万円~450万円)
    交付申請期間 2019年5月27日~2019年6月12日(A類型)
    2019年5月27日~2019年6月28日(B類型)
    ※ 二次公募は2019年7月中旬開始予定
    ※ AllyはA類型のITツールです

    対象ソフト

    • Ally

    事業スケジュール

    補助金申請から交付までのスケジュール

    ソフトの導入とIT導入補助金の公布までの流れ

    ソフトの導入とIT導入補助金の公布までの流れ

    1. Allyのデモ・導入ご提案
    2. 交付申請依頼
    3. 交付申請
    4. 交付決定通知
    5. ご契約・代金お支払い
    6. Ally導入・サポート
    7. 完了報告
    8. IT導入補助金確定通知
    9. IT導入補助金交付請求書
    10. IT導入補助金の入金
    11. 効果報告

    ※ 補助金申請→交付決定→購入の順に手続きを行う必要があります。交付決定前の購入は補助対象外となります。

    ※ 2020年4月から2022年4月までの3年間のうち、各年1回ずつ計3回の経過報告を致します(A類型)

    ※ 2020年4月から2024年4月までの3年間のうち、各年1回ずつ計5回の経過報告を致します(B類型)

    新規コラム「パッケージシステム導入のメリット」アップ

    債権債務管理いろはの新コラム「パッケージシステム導入のメリット」をアップしました。

    債務管理や債権管理などのパッケージシステム導入のメリットは、社内の属人化した業務を自動化し、一般的な会社が行っている効率的な業務の流れを自社に導入できることです。

    新規コラム「売上管理とは」アップ

    債権債務管理いろはの新コラム「売上管理とは」をアップしました。

    売上管理とは、「売上高」や「利益」を管理することです。売上高や支出を把握し、利益残高を予想しつつ、実績と目標を対比させて、未来への対策をします。売上管理をシステム化する場合、サブスクリプションモデルなどで前受金が発生する場合は計上方法に問題があり、その対処法についても述べています。

    新規コラム「請求金額と振込金額の差異と入金消込システム化」アップ

    債権債務管理いろはの新コラム「請求金額と振込金額の差異と入金消込システム化」をアップしました。

    月末や月初になると経理スタッフは入金消込作業で忙殺され、会社によっては2~3日かかることもあります。請求金額と振込金額の差異や不明金があれば上司に判断を仰いだり、過去の履歴を確認したりする必要があります。

    差額が生じるよくあるパターンや入金消込自動化のメリットについてもまとめました。

    新規コラム「売掛金残高一覧表と売掛金年齢表とは?」アップ

    債権債務管理いろはの新コラム「売掛金残高一覧表と売掛金年齢表とは?」をアップしました。

    売掛金残高一覧表は、得意先別に前月の売掛金残高や当月の売掛金発生額、当月の売掛金残高等を一覧で確認することができます。売掛金年齢表は、売掛金が未回収のまま何カ月経過したかを確認することができます。

    Ally債権管理システムでは、「売掛金残高一覧表」と「売掛金年齢表」を出力することができます。当社のパッケージソフトウェアを導入されたお客様には、ご要望があれば、このような一覧表の活用方法をお教えすることも致します。お気軽にご相談ください。

    次のページ →


    PAGE TOP