News & Topics


冬季休業のお知らせ

平素は格段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、当社では以下の日程を、冬季休業日とさせていただきます。

 

<冬季休業期間>
2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)
※1月7日(月)より通常どおり営業致します。

 

年末年始休業期間中のお問い合せはE-MAIL・FAXにて受付しております。

なお、お問い合せの回答は1月7日(月)にさせて頂きます。

大変ご迷惑お掛けいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

新規コラム「経理と財務の違い」アップ

債権債務管理いろはの新コラム「経理と財務の違い」をアップしました。

経理部門と財務部門では、明らかに仕事内容が異なりますが、「経理と財務の違いは何でしょうか?」と聞かれたら、なかなかパッと答えにくいものです。

経理部門や財務部門の仕事内容から、経理と財務の違いをまとめました。

新コラム「経営者が知っておきたい予算管理」をアップ

債権債務管理いろはの新コラム「経営者が知っておきたい予算管理」をアップしました。

予算管理とは、簡単に述べると、経営計画や事業計画で決められた予算があり、それを適切に使用されているのか、足りないかどうかを管理することです。

一般的な予算としては、売上予算、原価予算、経費予算、利益予算があります。

Allyに新機能を搭載

従来のAllyの特長である定期請求管理、売上按分、前受・前払管理、入金自動消込に加え、プロジェクト管理、予算実績管理、仮払精算管理の強化を行いました。

プロジェクト収支管理入力

プロジェクトの情報に必要な項目を登録でき、集計や分析に使用できます。

  • 日付関連
    引合日、契約日、納品日、完成日、予定期間
  • セグメント
    完成区分、エンドユーザ、担当者、部門、親プロジェクト
  • 区分
    プロジェクト区分(区分名を自由に定義可能)
  • 契約情報メモ、プロジェクト情報メモ、備考
  • 契約情報詳細
    得意先、商品、数量、単価、金額

プロジェクトの把握に必要な金額を表示します。
受注金額、原価金額、利益額、利益率、原価明細(購入先、未計上額、計上額、支払済金額)

項目別収支表

プロジェクト、部門、部門グループ、担当者の売上明細と原価明細を縦並びにして対比させ、セグメントごとの収支が一目でわかる売上と原価の取引明細と売上金額、原価金額、利益額、利益率をExcelファイル形式にて出力します。

プロジェクト予算登録/プロジェクト別予算実績対比表

プロジェクト単位で計上区分(科目)毎月別に予算が設定します。

プロジェクト予算実績対比表でExcelデータとして出力できる。月毎の予算金額と実績金額、その対比(予算残)を確認できます。

プロジェクト予算が変更になったときには、予算の再設定が可能です。

予算登録/予算実績対比表

会社全体の予算登録をします。3階層までセグメント分けで、自由設定ができます。

例:
1.部門グループ別 → 2.部門別 → 3.担当者別
1.商品大分類別 → 2.商品中分類別

各セグメント毎月毎の予算金額と実績金額、その対比(予算差額)を確認できます。

仮払入力/仮払精算入力

従来のAllyで発生する原価の入力は、業者請求書支払時に入力する<購入入力>、立替払いや未払を伴わない支払時に入力する<即時支払入力>がありますが、今回社員に対しての仮払や仮払精算をプロジェクト毎原価毎に入力する機能を追加しました。

IT補助金 第三次募集受付開始(11月19日まで)

IT導入補助金2018認定、Ally債権債務管理ソフト、三次公募11月19日まで

受付は終了しました。

弊社の債権債務管理ソフト「Ally」が2018年IT導入補助金対象のITツールに認定されました。2018年8月下旬~2018年11月19日の期間で、第三次の交付申請が開始されます。弊社では、債権債務管理ソフト「Ally」のIT導入補助金対応の受付を開始しました。

債権債務管理ソフトAllyの導入に当たり、最大50万円の補助金が得られます。債権債務管理ソフトを導入したことがない企業様や、ソフトの導入金額を抑えたい企業様にチャンスです。

交付申請・事業実績報告のスケジュール

交付申請期間 2018年8月下旬~2018年11月19日
交付決定日 2018年11月30日<予定>
事業実施期間 交付決定日以降~2019年1月31日
事業実績報告期間 交付決定日以降~2019年1月31日

IT補助金のスケジュール詳細は、こちらをご覧ください。

対象ソフトの詳細は、「IT導入補助金2018認定、Ally債権債務管理ソフト」の記事をご覧ください。

IT導入補助金2018認定、Ally債権債務管理ソフト

IT導入補助金2018認定、Ally債権債務管理ソフト

この度、弊社の債権債務管理ソフト「Ally」がIT導入補助金対象のITツールに認定されました。

Allyの導入に当たり、最大50万円の補助金が得られます。債権債務管理ソフトを導入するチャンスです。

定期・定額請求業務、入金業務、サービス業特有の売上按分計上の管理を効率化したい企業におすすめ。

  • 債権債務管理ソフトを導入したことがない企業
  • ソフトの導入金額を抑えたい

IT導入補助金概要

所轄官庁 経済産業省
補助金総額 500億円
補助対象者 中小企業、小規模事業者
想定利用者数 13万5,000社
補助金の対象 IT導入事業者があらかじめ事務局に登録申請をし、承認を受け、IT導入補助金事務局のサイトに補助対象として公開されたITツール。※ハードウェアは対象外。
補助率 案件総額の1/2
補助額 15万~50万円
交付申請書受付 二次公募申請期間2018年6月20日~8月3日。三次公募は2018年8月中旬を予定。

対象ソフト

  • Ally債権債務管理ソフト
  • Ally債権管理ソフト
  • Ally債務管理ソフト

ソフトの導入とIT導入補助金の公布までの流れ

ソフトの導入とIT導入補助金の公布までの流れ

  1. Allyのデモ・導入ご提案
  2. 交付申請依頼
  3. 交付申請
  4. 交付決定通知
  5. ご契約・代金お支払い
  6. Ally導入・サポート
  7. 完了報告
  8. IT導入補助金確定通知
  9. IT導入補助金交付請求書
  10. IT導入補助金の入金
  11. 効果報告

※ 補助金申請→交付決定→購入の順に手続きを行う必要があります。交付決定前の購入は補助対象外となります。

※ 補助金交付を受けた場合、5年間の事業実施効果報告が必要となります。

※ 補助金申請できる件数は、1補助事業者につき1件のみとなっております。

【Ally債権・債務管理システム】「PCA会計DX」との連携機能のご紹介

Ally債権・債務管理システムに登録されている伝票データを基にPCA会計DXの仕訳受入ファイルを作成し、連携する方法をご紹介します。

【連携概要図】

連携概要図

Ally債権・債務管理システムでは伝票明細に入力する商品コードにAlly上での科目扱いである科目区分が連携しており、その科目区分をPCA会計DX専用の変換マスタで「勘定科目」「補助科目」「税区分」に変換し仕訳ファイルを作成します。

また、PCA会計DXの仕訳伝票の摘要にはAlly伝票のNo.、得意先名、プロジェクト名、摘要を反映します。

【処理の流れ】

Ally「請求入力」

請求入力

下矢印

Ally「仕訳データ作成」

仕訳データ作成

下矢印

PCA会計「汎用データの受入」

汎用データの受入

下矢印

PCA会計「振替伝票入力」 

振替伝票入力

【Ally債権・債務管理システム】「PCA会計DX」連携用の仕訳連携オプションをリリース

Ally債権・債務管理システムの仕訳連携オプションにピー・シー・エー株式会社の会計システム「PCA会計DX」と連携するバージョンをリリース致しました。

今回の連携方法はAllyの商品コード単位に紐づいた勘定科目、補助科目を元に仕訳連携オプションから取引先、プロジェクト情報を付加した売上計上仕訳、入金消込仕訳、原価計上仕訳、支払消込仕訳をCSV形式ファイルを出力します。

Allyの機能として前受金や前払金の自動判定や前受金を取り崩してからの売上計上、前払金を取り崩してからの原価計上が可能で、前受金元帳、前受金残高一覧表、前払金元帳、前払金残高一覧表等会計を管理する帳票も充実しており、仕訳入力の業務効率化の他に「PCA会計DX」と「Ally債権・債務管理システム」の組み合わせで企業における会計業務をバックアップいたします。

銀行支店辞書発送のお知らせ

2018年4月26日(木)から、サポート契約を結ばれているユーザー様に、2018年4月20日(金)時点の銀行支店辞書を発送いたします。

 

システムへの辞書の更新方法は、同封したマニュアルをご覧頂くかサポートセンターまでお問い合わせください。

「三菱UFJ銀行」の銀行名変更へのシステム対応について

2018年4月1日(日)より、「三菱東京UFJ銀行」の銀行名が「三菱UFJ銀行」へ変更されます。

 

2018年4月26日(木)から順次にサポート契約を結ばれているユーザー様に2018年4月20日(金)時点の銀行支店辞書を発送いたします。

 

請求書の差出名を変更されたい場合や、発送前に銀行支店辞書の銀行名を変更されたい場合は、次のマニュアルをご覧頂き変更の操作をお願い致します。

 

設定変更方法マニュアル.pdf

 

また、カスタマイズにて請求書等の口座銀行が「三菱東京UFJ銀行」を表示しているユーザ様には、2018年4月26日(木)から順次に更新プログラムを発送させて頂きます。

 

※2018年6月29日(金)までは、旧銀行名でお振り込みがあった場合、新銀行名に読み替えられます。

← 前のページ次のページ →


PAGE TOP